バイトで疲れた大学生必見!バイト疲れの解消方法7選

大学生は、生活費などのためにバイトをしている学生も多いですよね。 しかし、バイトをし過ぎると疲れてしまうことも。 バイトで疲れてしまうと、次のようなデメリットがあります。 ・大学の授業に集中できない ・大学の授業に遅刻する、休む ・友達を遊べない ・サークル活動ができない 大学生にとって、勉強をして単位を取ることが最も大切なことです。 また友達と遊んだり、サークル活動したりも貴重な学生生活の1つです。 バイトでの疲れを解消することで、デメリットも解消しましょう。 そこでこの記事では、バイト疲れの解消方法を7つ紹介します。 バイトで疲れてやる気が出ない大学生は、ぜひ最後まで読んでみてください。
スカウト申し込みバナー

バイト疲れの解消方法7選

バイト疲れのおすすめ解消方法は次の7つです。 順番に紹介していきます。
・休みをもらう ・シフトを減らす ・連勤を避ける ・違うバイトに変える ・良質な睡眠を十分取る ・趣味を見つける ・友達に話を聞いてもらう

休みをもらう

あまりにもバイトが忙しくて疲れた時は、休みをもらいましょう。 シフトが決まっている場合はなかなか休めないかもしれませんが、疲れすぎたときには休むのが一番です。 体調が良くないことを伝え、休みをもらえるように伝えましょう。 休みをもらうのが難しい場合は、バイト仲間に代わりを頼みましょう。 代わりにシフトに入ってくれる人がいれば、ほとんどの場合は休みをもらえます。

シフトを減らす

シフトが決まっていて、代わりにシフトに入ってくれる人がいない場合は、次に提出するシフトを減らしましょう。 多くのバイトが1~2週間程度のシフト制なので、1~2週間頑張ればシフトを減らすことも可能です。 採用されたときに、週5回、土日は必ずバイトなどの条件でバイトを始めた場合は、事前にシフトを減らしたいことを相談しましょう。

連勤を避ける

連続で勤務すると、疲れが溜まりやすくなります。 シフトを提出するときには、なるべく連勤にならないように希望しましょう。

違うバイトに変える

バイトを休んだり、シフトを減らしたりできない場合は、バイトを変えることも1つの方法です。 バイトを変えるなら次のようなバイトもおすすめです。
・短期バイト ・時給の高いバイト ・体力を使わないバイト
〇短期バイト 連日のバイトに疲れた場合は、短期バイトもおすすめです。 短期バイトであれば、通常のシフトがなくバイトをしたいときだけバイトができます。 比較的自由にバイトできるので、疲れを感じないように自分で調整できます。 しかし、毎回バイトを探し面接する必要があるため、手間がかかることもあります。 〇時給の高いバイト バイト時間を減らし、収入を減らしたくない場合は、時給の高いバイトに変わりましょう。 例えば、塾講師のバイトの平均時給は1,300円程度。 時給900円のバイトと比較すると、バイトの時間を減らしても、収入は変わりません。 〇体力を使わないバイト バイト疲れの原因は、体力を使う仕事内容にあるかもしれません。 長時間立ちっぱなし、動きっぱなしのバイトは体力を使います。 反対に、事務作業や受付、試験監督、採点などのバイトは、比較的体力を使わないでバイトができます。

良質な睡眠を十分取る

疲れが溜まっているときには、睡眠を十分にとることが必要です。 良質な睡眠を取るためには次のことを実践してみましょう。
・筋トレやストレッチをする ・ぬるめのお風呂に長めにつかる ・バランスの取れた食生活を送る
〇筋トレやストレッチをする 筋トレやストレッチをすると、体力がつき、体がやわらかくなるので疲れも感じにくくなります。 とくにストレッチには、リラックス効果や血流改善効果もあり、精神的にもいい影響を与えます。 体がほぐれると快適な睡眠ができ、次の日にはすっきり目覚められるようになります。 〇ぬるめのお風呂に長めにつかる ぬるめのお風呂に長くつかると、体が温まりしっかりとリラックスできます。 お風呂はシャワーで済ませる方も多いかもしれませんが、疲れを感じたときには、ゆっくりとお風呂につかりましょう。 38℃~40℃のぬるめのお風呂は、副交感神経が優位になるため睡眠前にしっかりとリラックスでき良質な睡眠へと導いてくれます。 〇バランスの取れた食生活を送る バランスのよい食生活は、疲労回復効果があるビタミンやミネラルなどの栄養補給ができます。 また寝る3時間前には食事を摂るようにすると、睡眠も妨げません。

趣味を見つける

没頭できる趣味があると、趣味のためにバイトを頑張れるようになります。 目的もなくただバイトを続けるのは、精神的に辛くなることも多いです。 例えば、次のライブチケットを買いたい、新しい洋服が欲しいなどを目標にすると、バイトも楽しくなります。

友達と遊びに行く

バイトで疲れた時は、友達と遊びに行くことでリフレッシュしましょう。 バイトの愚痴を言ったり、バイトのことを忘れて自由に遊んだりすると、バイトの疲れも吹き飛びますよ。 自分の中だけで疲れを溜め込むのではなく、周りの人に助けてもらうことも大切です。
スカウト申し込みバナー

大学生の理想の働き方は?

大学生は勉強したり、サークルを楽しんだりする学生生活が基本です。 そのため、疲れを感じない程度にバイトをするのがおすすめです。 理想的な働き方としては、次の通りです。 ・週3~4回(学業優先なら1~2回) ・1日4~6時間 学生生活に支障のない範囲でバイトをすることを心がけてバイトをしましょう。 長期休暇だけバイトをするのもおすすめです。 リゾートバイトやイベントバイトであれば、長期休暇だけの短期バイトも可能です。
スカウト申し込みバナー

バイト疲れは誰にでもある!疲れたら休もう

大学生のバイト疲れは誰にでもあることです。 疲れを感じたら思い切って休みをもらうことも大切です。 無理しすぎる必要はありません。 どうしても休めない場合は、バイトを変えるのも1つです。 時給の高いバイトや体力を使わないバイトを探してみましょう。 バイトで疲れたら、睡眠を十分に取ったり、友達と遊んでリフレッシュしたりも効果的です。 バイトに疲れたと感じたら、紹介した方法を試してみてください。
この記事を書いた人
かーこ
塾講師 教員免許所持
プロフィール

教員免許保持、塾講師経験、子供の中学受験の経験を持つママさんライター。 塾講師キャリアではそんな経験を生かして塾講師の経験者視点の記事や教育関連、指導法などの記事を担当頂いてます!

講師登録 求人検索 ログイン
ユーザーログイン

講師の方はこちらから

塾の方はこちらから

×
ユーザーログイン
×

塾のマイページから、チャットでご連絡が可能です。下記より、送信元になる御塾の塾名・教室名を選択してください。

×
ログイン
キャリアUPエージェント非公開求人
現役大学生も登録OK!

貴方のご希望に沿った仕事先の塾を
紹介するサービスです。
まずは、ご希望をお聞かせください。

講師名 (漢字で入力)

姓・名とも必ずご記入ください。
ふりがな (ひらがな)

平仮名でご記入ください。
性別
生年月日
メールアドレス(ログインID)
半角英数字でご記入ください。
フリーメールアドレスはできるだけおやめください。
ログインパスワード
郵便番号
住所 (都道府県)
住所 (市区町村)
番地以降
自宅の電話番号/携帯番号 (ご自宅か携帯の番号をご記入ください。) 半角数字でご記入ください。
ブログ、SNS等のURL ブログ、SNS等をお持ちであればご記入ください。
現在のお勤め状況
出身大学名 大学

学部・学科





出身高校 高等学校
中学受験経験の有無
ある場合の出身中学校名 中学校
今後の指導可能年数 年指導、勤務可能
今後、塾講師・家庭教師などの仕事を何年くらいできるかご記入ください。
自宅最寄り駅

[+] 項目の追加
学校・会社最寄り駅

[+] 項目の追加
指導可能沿線

[+] 項目の追加
指導可能地域(都道府県)

[+] 項目の追加
指導可能地域(市区町村)

[+] 項目の追加
利用可能な交通手段 利用できるものにチェックを入れて下さい。
希望する働き方
受験指導の可否
中学受験指導
高校受験指導
大学受験指導
医歯学受験指導
アピールポイント

指導実績
採用やスカウトを受けやすくするために、ご自身の強みが伝わるように、
より具体的に、より多く記入することをおすすめします。

条件によっては、 教育業での企画スタッフとして働くことに興味がある方は、チェックを入れてください。




希望連絡日時
メールの通知設定

塾講師キャリアからのおすすめ塾の案内や、お知らせの通知設定ができます。
※【当項目でOFFにしても通知されるメール内容】求人応募や、就職に関わる重要なご連絡、塾さまからの連絡、塾講師キャリアからの重要なお知らせなどの通知は必ずメールでお知らせしています。重要なお知らせはOFFにすることは出来ません。

スカウトを受けるにあたり、ブロックしたい企業 働いていた会社など、求職活動をしていることを知られたくない会社がある場合は、ここで「ブロック」することができます。企業名もしくは塾名を正式名称で記載してください。例:【×】早アカ 【〇】早稲田アカデミー

[+] 項目の追加
キャリアUPエージェント非公開求人
申し込み完了

スタッフよりご連絡いたしますので、今しばらくお待ちください。

ダイレクトスカウトご登録
申し込み完了

貴方のプロフィールに興味を持った塾から連絡が入りましたらメールでご連絡が届きます。
届きましたら当サイトにログインをして、ご連絡をお願いいたします。